社会福祉法人下関みらい 小月保育園

 「今」を過ごす子どもたちは未来の大人。  子どものためにも世界のためにも「今」を大事にする保育園でありたいと思います。

TEL.083-283-0085 FAX.083-282-1162

〒750-1143 下関小月茶屋2丁目9番1号

保護者のみなさまへ。

 「教育は、教えるのではなく、子どもの自然の成長を助けることである」とは、フランスの教育学者ルソーの言葉です。私たちは、子ども一人ひとりの限りない可能性を信じ、成長を長いスタンスで捉え、吸収力の旺盛な幼児期に「確かな育ち」を促せる環境を提供していきたいと考えています。 
 そして、大いなる自然とも、自分以外の他者とも、「共に生きる力」を身につけて広い世界に羽ばたく青年になってほしいと願っています。

園長コラム

子どもは世間からの預かりもの

先週の大雨長雨は終わりましたが、日本各地に残した傷跡の痛々しいこと。自然の脅威を改めて、思い知らされました。

玄関に募金箱を設置しますので、もしよかったら、この度の西日本災害のお見舞金として募金をしてください。ささやかですが、社会福祉協議会を通じて被害に遭われた方にお送りしたいと思います。

さて、先日、車に乗ってたまたまラジオをつけましたら、子育てトークがありました。

最近の子どもの「ひきこもり」や「切れる子」が多くなったことやモンスターペアレントの話題を何気なく聞いていましたら、その中で司会者が「昔は子どもを世間からの預かりものとして育てていた」というようなことを話していました。

「子どもは親だけの子じゃない。もちろん、その家庭の子どもだけど、いずれは『世間で何かしら役に立つ大人に育てて、世間に返す』というような意識が、親にも家族にも世間にもあった」というような話だったと思います。

確かに!

私たちも親御さんから大事な子どもをお預かりすると思っていましたが、もっともっと広い意味で子どもは社会の宝!

子ども時代にしっかり子どもらしい経験をたくさんして、大人になった時には自分や社会を支えていける若者に育ってほしいなと思います。

 

 

 

 

 

› more